「ほっ」と。キャンペーン

出窯 むかしのブログ
by izurugama-archive
熊本の窯元 「出窯」 の
2006.5月 ~ 2009.2月 の
記事をまとめたものです

現在のブログはこちら

ご訪問ください!!

カテゴリ
全体
ごあいさつ
未分類
以前の記事
2010年 11月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

電気窯の修理、、

2007/04/04のBlog

b0184164_11571619.jpg

熱線が切れてしまえば 温度は上がりません。

素焼きの 700~900℃程度なら、時間をかければ何とかなります
しかし、
電気窯は、三相 200Vの電力で
トライアングル形に熱線が張ってある。
だから、
そのうちの一本が切れてるのは
ちょうど、クルマのエンジンで プラグの一本が切れてるのに似てる。
やっぱり 具合が悪いよなぁ、、
そもそも、
上薬の本焼きで使えない、、

b0184164_1158560.jpg

本焼きの熱線は全然安くない、、

素焼き程度の低い温度ならニクロム線で充分
お手ごろの値段で手に入ります
が、
陶磁器用の窯、一般には カンタル線を使います
1300℃も大丈夫。
ちなみに、あと100℃くらい高いと
溶鉱炉の温度。
カンタルは、会社名のようです。

最初に 窯の製造元に聞いてみようか??
「素人がやるもんじゃない!」 って言われるだろうし
工賃も聞いて知ってたから、いまのフトコロ事情を考えて

ボツ

b0184164_11585120.jpg

ちなみに、こんな感じで溶けるように焼ききれて、、

ならば、 よぉし、パソコンパソコン、、
「カンタル線」で いっぱいヒットした!
その中から、秋葉原の有名な電熱器機屋を見つける。
電話。
970円/M (kanthal A-1 2.6) うん、まぁまぁだろう。

じゃぁ次、 熱線の長さを計算。

窯のシリアルプレートには
13kw 41A 200V 交流3相
けど、
実際に流れてたのは 操作盤の電流計で39A
(電流計がくるってないと、信じて)

b0184164_11593894.jpg

交流で3相の場合 全体の電流利用率、 単純に3倍じゃなくて
ルート3倍です。
= 1.7320508 (ひとなみにおごれや!)
だから、
それぞれの単相に流れる電気は
(39~41) ÷ √3 = 22.5~23.6(A)
単相あたり 電熱線の抵抗値は
200(V) ÷ 22.5~23.6(A) = 8.4~8.8(Ω)
切れた相の線径は 2.6mm (抵抗値は 約0.271Ω)
よって、
8.4~8.8 ÷ 0.271 = 31~32.5㍍ !

えぇ?
と思った。 だって、幅70cm奥行き46cmの壁面
Uのジャバラジャバラで30㍍以上の線が張り巡らされてるんだぁ、、

b0184164_1202296.jpg

実際に
ジャバラの一山の長さをヒモを当てて実寸 測ってみたら 29.5㍍
ほぼ一致する。

せいぜい10㍍くらいだろうって思ってたから

びっくり です。

高くつくなぁ、、
[PR]
by izurugama-archive | 2009-08-23 12:01

エージング 風格

2007/03/31のBlog

b0184164_11501498.jpg


もうすぐ1歳くらい。
昨年の春先にこしらえた出窯のウッドデッキ

出来立てのころは、
外材ながらも 木目が鮮やか!
見栄えよく、最初のころは 専用の上履きでう~ろうろ、、
何の用がなくても 専用の上履きでう~ろうろ、、
だって、
靴底の泥が付くだけでも とっても目立ち、、
しかし、
1年近くも経つと、泥の跡なんて気にしなく、、じゃなくて
気になんなくなります。

かえって いい風格が出てきたようにも思えます
科学的には、ただ傷んでるだけ??
こんど ちゃんとみてみよ。

b0184164_1151034.jpg


これは 熊本県高森町のAFS(阿蘇フォークスクール)
その木造校舎、南側の外壁。
どんな防腐処理をしてるのか、または何にもしてないのか
知りません。
しかし 夏の陽光、冬は零下何十度の寒風にさらされ
とてもいい感じです。
もともと地区の小学校だった建物
杉板ですが、筋の通った材料を使ってるのは 確かです。
もちろん、
今後 何十年の風雨に耐えられるモノ。

こんな写真をとって嬉しがってた矢先、

b0184164_11545677.jpg


電気窯にアクシデント、、

先日、もう2~3週間くらい前のこと
いつものように電気窯にびっしりウツワを詰めて素焼き
あれ、 ?
まだこんな温度 ??

僕の電気窯はマイコンで温度対時間の制御ができるタイプ
希望の時間通りに温度が上がっていきます。
けど、今回は、、??

断線!! (右壁の黒っぽいとこ →→)

素焼きは
2倍くらいの時間をかけて やっっっっっと終了。

頼りきってた奴だけに、 ショック
っていうか、
困った。

窯の製造元に頼んだら、、 そんなお金 ない。
自分でやるしかないっす。

この扉面の左上のとこは、 自分で 折ってしまった、、


b0184164_11553359.jpg

この年末年始、
あれだけ工房のそばにいたカワイ子ちゃん

める

とうとう 現れません。

きっと、自分の家への道を思いだしたか、、
新しい落ち着ける場所をみつけたか。。

とても寂しいのですが、
僕が夜は工房に居ないので、
めるだって 愛想を尽かしたのかもしれない。

どっかで元気にしてるか、
どぉ、かわいい子供達でしょ!
って 顔であらわれるのかなぁ、、 。
[PR]
by izurugama-archive | 2009-08-23 11:56

3月のライオン

2007/03/24のBlog

b0184164_11453398.jpg

もう 10年以上前に観た映画
大学の映研(サークル)主催、一晩限りの深夜上映

「3月のライオン」

日本映画、 かなり(法律的に)ヤバイ男女の愛の話し
けど、何かジンと温かな気持ちがのこって、
、、なぜ?

b0184164_11462039.jpg


詳しくどこのコトバだったか忘れたけど、
どっか欧州の国で3月の季節変わりに吹く、豪風、 それが

「3月のライオン」

それが過ぎ去ると、何事も無かったかのような 穏やかな春が来る。

b0184164_11465935.jpg

3月、
谷川俊太郎の詩にも、、(タイトル思い出せない)
頭のネジが緩みかけた女性と それを見守る男、

b0184164_11474785.jpg



動物たちも この時期に異性に強く惹かれあうらしいです。

すごく現実的にみても 3月は日本では年度末。
何か、熊本市内も妙に車が多く、皆が急ぎたいものだから かえって進まず。。

b0184164_11483568.jpg


気候も ちょっと穏やかとはいえない豪風がこの1~2週間に何度か
「あぁ、もう春ねぇ、、」 っていいながら
あの温かな、けど悪夢のような映画のことをおもいだす。


もう 4月ですね。
[PR]
by izurugama-archive | 2009-08-23 11:49

工房にも 春

2007/03/23のBlog

b0184164_114006.jpg

出窯工房にも 春
小さな花たちも誇らしげです。
ミツバチもちらほらと。

b0184164_11404641.jpg

暖冬の後 寒い早春
「咲いていいものかなぁ、、 」
花たちも、今年の冬には慣れない様子でした。
しかし
この1週間くらいのうちに少しずつすこしずつ、、
寒かったとはいっても、ここは南国 熊本
北国のようにすべての花が、一気には咲かないみたい。

b0184164_11414180.jpg


なかには
小さなちいさな、ミツバチの顔ほどの花も。

b0184164_11424365.jpg

近ずいて、よぉく見ると
なかなかに誇らしげな顔をしてる。


写真に撮れてなかったけど
白花のスミレ(もちろん野生)も今日みつけた。

b0184164_11433886.jpg


ところが、、

めるが、失踪、、
毎日のように工房の近くをうろうろしてたヤツが
2月の初め頃から急に 、、
[PR]
by izurugama-archive | 2009-08-23 11:44

薪 出窯の場合

2007/02/20のBlog

b0184164_11362133.jpg

薪は たくさん必要です。

メインは もちろん穴窯焚きのために
そして、
冬場は ストーブ用に。

前回のブログに書いたように
(基本的に)薪は、もらい物

眼にとまった 大工や道路の現場、間伐材などなど、、、
すかさず交渉 !
ほとんどの場合 もらえます。

時々は 電話などで
「でぐっちゃん、木ば切ったとのあるたい。いっね?」
 (=出口君、木を切ったものがあります。要る?)

オクスリ(防腐剤)が入ってなきゃ 有難く頂きます。

b0184164_11371686.jpg

考えてみれば
僕らみたいに必要とする人がいなけりゃ
不要なゴミ

けど、
人によっては 再利用できる、立派な資源ですよ!

ただし、
自分で運び、 チェーンソーでカット、 斧で割り、 積んで乾燥
とっても場所が必要
時間も とっても必要
大量に手に入ったときは、しばらく細かい作業が、、 できない。

、、っていいながら
薪割りとか いい運動になるし、
何よりの気分転換(ストレス発散!!)

楽しめます。

b0184164_1138055.jpg


いい薪は 穴窯用に。
ストーブには、
腐ったり、状態の良くないもので充分!
 (、、ま、いい木の方が、そりゃいいんだが 穴窯のほうが大事)

燃え方が よくわからない薪は
少しを ストーブで燃やしてみます。

穴窯を焼くときの参考に。

松は モノスゴイ熱を発しながら 長く燃え、
杉は さらっと温度が上がり さっさと火が消える。

オクスリの入った薪は 煙の色で判断、
ひどい物は燃やしません → 野外の土停めなどに使用。

こんな使い方するから、ストーブが痛むの 当たり前よね、、


何か 薪情報があれば、
いつでも連絡くださいね!
[PR]
by izurugama-archive | 2009-08-23 11:38

薪 Wood

2007/02/18のBlog

b0184164_11255515.jpg



うちの工房に欠かせないもの。


まず 穴窯
僕は 50~70時間、すべてを薪で焼きます。

仲間の穴窯で、もっと長く 70~120時間かけて焼く人も、、
長く焼くことでしか得られない肌合いが欲しいから。
釉薬(うわぐすり)を使わない 「焼き締め」 の生命は
「焼き」で決まる。

b0184164_11265473.jpg

ま、
僕は もしも短時間で素敵な肌合い、色が得られるならば、、
なるべくなるべく 楽にいきたいタイプ
疲れ果てると、
大事な大事な 窯焚き最終段階の判断を誤ります。


樹木の種類は、まっっっ、たく問いません。


近所の山や、山道工事で手に入る クヌギやナラなどの硬木
大工さんの現場から頂く スギやヒノキの端切れ
などなど、、

b0184164_1127435.jpg

基本的に もらい物!!

けど それは
大工さんや建築土木さんたちが 処分に困ってるもの、、 ですよ。

手に入る樹木を薪として使う (しかし薬剤処理なしの安心なモノ)
これ、
「平成の薪窯焚き」 と 僕は思ってます。


けど、 松!!

b0184164_11282882.jpg

これが手に入ると やっぱり たいへん有難い
比較的、楽に温度を上げやすいから
楽しい窯焚きが期待できる。

仲間うちでは、松の薪のこと
ユンケル って呼ぶ人もいます。

僕は、
窯焚き最終段階で 温度が上がりにくくなったときに
ユンケル(松)を使います。

有難いことに、今度、
松の原木が2tトラックで1台分 手に入ります!!
少し遠い町の小学校ですが
感謝しながらトラックを走らせようと思ってます。。
[PR]
by izurugama-archive | 2009-08-23 11:29