出窯 むかしのブログ
by izurugama-archive
熊本の窯元 「出窯」 の
2006.5月 ~ 2009.2月 の
記事をまとめたものです

現在のブログはこちら

ご訪問ください!!

カテゴリ
全体
ごあいさつ
未分類
以前の記事
2010年 11月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


議事堂を梱包する

2008/12/29のBlog


「議事堂を梱包する」
http://www.cine.co.jp/works/gijido/contents/contents.html

別に、政治的なテロとか
そんなんじゃないですよ

何年か前に見た映画です。

工房で
ラジオの国会中継を聴いたりしてて
そんなとき
フラッシュバックし続ける、ドキュメントもの。


クリストとジャンヌクロード
Christo&Jeanne-Claude

フランス出身でアメリカ在住、
この2人のインスタレーション作品の出来上がるまでの記録。


この2人、
やってることが僕には興味深く、、

豪州 シドニーのビーチを、まるごと布でラッピングしたり、

米国 グランドキャニオンに、数百メートルの布のカーテンを引いたり、、

そして、とうとう
ドイツの歴史的な「旧帝国議会議事堂」を銀布で梱包してしまう。。。

そう、
一般常識を超えた大きさの「梱包」を「布」でやってしまう。

たった数日の 「作品」

「(自分たちが)見てみたいから!」

この2人が心身すりへらし、実現まで何十年も頑張るのは
たったそれだけの理由

たいへんな、わがままです。

しかし、
面白いもんで
彼らの(莫大な)資金面を援助する人たちが現れる
骨身をけずって行動する人たちがいる。

また、
いちばん大きな問題は「政治的」なこと。
だって、
ドイツ国民にとって、歴史的にとても重要な意味のある建物
それを、
「布でラッピングしたい!」

バッカバカしい話し、 、、でしょう。


しかし
ここからが、この映画の核シーンだと思うのですが、

「ドイツ連邦議会」 ドキュメント

賛成派、 中立派、 反対派、 そして議長さん、
それぞれの議員さんたち
真面目に、 冷静に、 本気で議論してる!
(こんなわがままな話しに対しても)

「○○に賛成(反対)です、なぜなら、、、 」


「話し合ってる、」 「議事のルールがある、、」

ほんとに感動しました。
そして
「ドイツ国民がほんとにうらやましい、、、」


もし
先が見えない本当にヤバイ状態なのに、
時間は絶対ないのに、、
自分たちの権益ばかりを考えて
話し合いの出来ない国の「国会」があるとしたら
ぜひ
「国会議事堂」でいいから、この映画の試写会を
そして
話し合いの「ルール」を考えて欲しいもの。


映画のフィナーレあたり、

「議事堂」を
布で覆い、 ロープで縛っていく、、
ボランティアのとび職の男たち。

彼らの満ち足りた表情には、元気をもらえます!!
[PR]
by izurugama-archive | 2010-11-17 08:52
<< 今年もどうもありがとうございました かさ地蔵さま >>